狛犬大図鑑  
 分類 仙台狛犬  大崎八幡宮  宮城県仙台市青葉区八幡4-6-1
 建立年 不明  鎮座位置 摂社 大日堂参道
 石工 不明  参拝日 2015年3月24日(火)
高校生の息子の観光案内を兼ねて、仙台市内の観光地を巡る循環バス「るーぷる仙台」に乗車。
当日は博物館が改修工事の為休館中(なぜ春休みに?)途中下車したのは、伊達政宗が眠る瑞鳳殿→伊達政宗像で有名な青葉城址→大崎八幡宮の三か所。いずれも息子の観光地巡りと称しつつ、裏目的としては、当然のごとく狛犬散策であるのは、すでに息子には看破されていたであろう・・・。当日は、四月目前にも関わらず、雪がちらついており、関東からやってきた息子は、寒さにビビッておりました。

縦置きの仙台狛犬。前足が前後した仙台狛犬は、デザインが一貫しており、中々個性的なものが見られないのだが、こちらの狛犬は、阿側(左右逆)の右前足がまるで招き猫のように上がっており、吽側は右前足を後ろ足に密着するぐらい後ろに下げている独特のデザイン。全体の体躯のバランスもよく、可愛らしい子犬のよう。吽の顔は風化が進んでおり、恐らくは江戸後期の作品と思われる。拝殿に続く長い階段の左側に鎮座する小さな拝殿ですので、気が付かないことの内容に、ご注意ください。
閉める