狛犬大図鑑  
 分類 はじめ狛犬  亀岡八幡宮  東京都新宿区市谷八幡町15
 建立年 不明  鎮座位置 明神鳥居前
 石工 不明  参拝日 2013年4月13日(土)
出張先のビルに到着したものの、仕事までかなり時間があったため、IPADの地図を見ると、なんとビルのすぐ横に神社の印があるではないですか。さっそく、参拝に赴いてみると、二対の狛犬が鎮座。早起き参拝は、お得度満載です。

拝殿前の青銅製の明神鳥居前に鎮座するのは、かなり年代物のはじめ狛犬。台座には「昭和55年」と刻まれていますが、もちろんこれは、後ほど乗せ換えられた台座であり、狛犬の姿勢、顔つき、巻き毛の形状から1700年代前後の狛犬と推測される。

背中に、跳ねのような、甲羅のような不思議な模様があり、尾は、まるでかたつむりが連なっているような独特の形状。
厳つい顔立ちながら、大きな鼻、巨大な舌、並びの良い歯と、どこか憎めない、ユーモラスな顔立ち。当日は、朝日がまんべんなく境内に差し込み、手持ちのIPADでは撮影が困難な状況。狛犬散策最大の敵は、お日様の光、天照大御神なのであった。
閉める