狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ  大六天神社  千葉県船橋市印内3-3-4
 建立年 明治○三年三月吉日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2013年4月10日(水)
買い物途中偶然、神社を発見し、近くにコンビニの駐車場に車を止めさせていただき(ちゃんと買い物しました)参拝。

拝殿がプレハブなのに驚きつつ、参道?というか、野ざらしの広場に出来栄えのよい江戸流れが鎮座しておりました。
小型の狛犬ながら、丁寧な仕事ぶり。狛犬の歯にも、ちゃんと一本犬歯があります。吽のたてがみはストレート、阿のたてがみは、風になびくように首にかかっているのも、中々に芸が細かい。目元の毛並みも阿吽でデザインを変えており、鼻の形、表情の出し方にも、阿吽に個性を持たせています。かなり経年劣化していますが、今は住宅地に埋もれてあまり参拝者が来ないような小さな神社ですが、きっと狛犬が奉納された明治には、もう少し立派な神社に、堂々とこの狛犬が鎮座していたのでしょう。殺風景な境内に、物寂しく鎮座する江戸流れ。ちょっぴりかわいそうです。
閉める