狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ  寄木神社  東京都品川区東品川1-35-8
 建立年 昭和六十三年(1988)三月吉日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2013年3月22日(金)
会社の部下の結婚式であったが、まだ時間に余裕があったので、いつものように散歩がてら神社・狛犬散策。

東海道五十三次の宿場町のひとつ、江戸四宿と呼ばれた品川宿のあった、東京都品川区には、数々の神社が鎮座し、そこには、まるで江戸っ子が競っているかのように、魅力的な狛犬が鎮座している。狛犬ファンなら、外すことのできない散歩コースが、ここ品川区なのである。
特に、この寄木神社には、狭い境内の中、四対もの狛犬が鎮座している。下町らしい風景の中、神社横には、寄合所に子供たちの学習塾があり、参拝当日は、多くの子供たちが、勉強しており、その子供たちの行く末を狛犬たちが見守っていた。

子狛犬四頭に囲まれた子だくさんの江戸流れ。品川界隈には、子狛犬が二頭以上いる狛犬が多いが、恐らくは品川界隈の石工たちのお手本となった品川神社拝殿前の江戸流れから模倣されたものであろう。子供の配置も非常によく似ている。
彫刻に荒さが目立ち、江戸流れたる所以である、台座へかかる尾もほとんど見られない。毛並みも大雑把で、阿の子狛犬が加える牡丹の彫刻も今一つ。しかしながら、四頭もの子狛犬を配置し、難しい構図を彫り上げた石工には、熱いエールを送りたい。
閉める