狛犬大図鑑  
 分類 先代狛犬  寄木神社  東京都品川区東品川1-35-8
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2013年3月22日(金)
会社の部下の結婚式であったが、まだ時間に余裕があったので、いつものように散歩がてら神社・狛犬散策。

東海道五十三次の宿場町のひとつ、江戸四宿と呼ばれた品川宿のあった、東京都品川区には、数々の神社が鎮座し、そこには、まるで江戸っ子が競っているかのように、魅力的な狛犬が鎮座している。狛犬ファンなら、外すことのできない散歩コースが、ここ品川区なのである。
特に、この寄木神社には、狭い境内の中、四対もの狛犬が鎮座している。下町らしい風景の中、神社横には、寄合所に子供たちの学習塾があり、参拝当日は、多くの子供たちが、勉強しており、その子供たちの行く末を狛犬たちが見守っていた。

鳥居を潜り最初に参拝者をお出迎えしてくれるのが、すでに台座を失った先代狛犬。元々この寄木神社に鎮座していたものなのか、はたまた、他の神社から引っ越ししてきたものなのか、個人的には、後者を想定している。石は風化により溶けてしまっており、元の姿を想像する限界に来ているくらい傷んでいる。かなり古い狛犬とも感じるが、巻き毛の形や姿勢から見て、恐らくは江戸流れの系統と想定すれば、古くても200年前後の江戸後期の作品ではないか。
狭い境内だが、他の三対の狛犬を見ていると、見落としてしまいそうな場所に鎮座しているので、是非参拝の折にはお忘れなきように、愛でてあげてください。
閉める