狛犬大図鑑  
 分類 先代狛犬  浅草神社 東京都台東区浅草2
 建立年 不明  鎮座位置 鳥居を潜り、左側茂み中
 石工 不明  参拝日 2015年1月13日(火)
都営銀座線浅草駅を下車、久々に仲見世通りを歩いてみると、平日にも関わらず、かなりの人手。なるほど、よくよく耳を澄ませてみると聞こえてくるのは、異国の言葉ばかり。いわゆるインバウンド、外国人観光客のみなさまが、仲見世通りに活気を与えていたんですね。一年前に来た時は、暇そうに客待ちをしていた人力車のお兄様方も、今日は、外国人のお客様をとっかえひっかえ乗せ、記念写真を撮ったりと大忙しの様子。確かに仲見世通りの雰囲気は、外国人観光客には、いかにも日本的な感じで喜ばれるのだろう。この流れに乗って、狛犬の素晴らしさも外国人に伝えたいものである。ってその前に日本人にもっと伝えなければ・・・。

浅草神社には、三対の狛犬が鎮座しているが、参道に鎮座する二対の狛犬とは別に、鳥居を潜り、左側の茂みに、静かに鎮座している先代の狛犬がいるのを忘れずに参拝ください。以前は、お役目を終えた狛犬として、境内の端に置かれていたらしいが、いまは、赤い傘と砂利を引きつめた台座で、「夫婦狛犬」という名を冠され、幸せな余生を過ごしている。建立年は不明だが、はじめ狛犬に近い型であり、恐らく200年以上はは経過した古い狛犬と思われる。境内の案内板には、1600年後半~1700年前半と記載されているが、都内最古の狛犬と言われる目黒不動尊の狛犬が承応三年(1654)なので、そこまで古いかどうかは定かではない。当日は、傘が閉じていたので、開かせて写真を撮らせていただいた。
閉める