狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ  藤原神明宮 千葉県船橋市藤原3-34-16
 建立年 明治三十三年(1900) 十二月  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2014年5月30日(金)
息子の高校での運動会応援の帰り道に立ち寄った神社。

木下街道を挟んで、徒歩圏内に
上山神明宮があり、そこにも江戸流れタイプの狛犬が鎮座しているが、姿かたちが非常に似ている。出来栄えは、こちらの藤原神明宮のほうが、良いように感じるが、建立年が、上山神明宮が1899年、藤原神明宮が1900年とほぼ同時期であり、同じ石工によるものと推測できる。いうことは、二体目で、作り方がうまくなったということだろうか。

全体のバランスは、一年前に掘られたであろう上山神明宮の狛犬より格段によくなり、特に正面から顔の造作の完成度は非常に高くなっている。しかしながら、毛並みの掘り込みは変わらず苦手なようで、平らな石の上に溝を掘っただけで表現された毛並みは平面的で非常に残念。反して歯並びの良さは見事。この勢いで毛並みも彫り込んでほしかった。
閉める