狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ  上山神明宮 千葉県船橋市上山町1-431
 建立年 明治三十二年(1899) 二月  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2014年5月30日(金)
息子の高校での運動会応援の帰り道に立ち寄った神社。
鳥居が、住宅地を割るように残っており、長い裏道のような参道を歩いていくと、境内に到着。
拝殿前には、明治建立の江戸流れが鎮座。
蹲踞のシンプルな狛犬だが、毛並みは丁寧に彫り込まれており、尾の流れも美しい。
前足の肘のあたりにも、模様のような毛が彫り込まれており、丁寧な仕事がなざれている。
顔は横顔は美しいものの、正面からみると若干歪みがあり、今一つ。当日は、ものすごい晴天に恵まれ、明るすぎて狛犬の写真が撮りにくい状態。
船橋周辺は江戸流れの奉納率が高く、周りの神社の影響で、奉納する狛犬のデザインが江戸流れに引っ張られているエリアと推測される。要するに好みの狛犬エリアなのです。

閉める