狛犬大図鑑  
 分類 仙台狛犬  榴ヶ岡天満宮 宮城県仙台市宮城野区榴岡23
 建立年 不明  鎮座位置 境内内 摂社 妙見宮前
 石工 不明  参拝日 2014年11月19日(水)
仙台駅東口から徒歩20分、単身赴任先からほど近い位置にあり、何度かお参りさせていただいています。昨年初めて参拝させていただいた時は、まだ拝殿は、東日本大震災による損壊の修復中でしたが、今年に入りようやく工事も終了し拝殿もお目見えしております。

鳥居から拝殿までの参道途中にある摂社前に鎮座する仙台狛犬。非常に簡易な拝殿が置かれているが、震災前は、立派な摂社があった模様だが、おそらく震災で損壊し、このような形になっているものと推測される。
狛犬は、コンクリートのようなもので修復されているが、これは震災前から修復された姿の写真を確認できた。摂社の建物があったころは、建物の中に鎮座していたようである。

建立年は不明だが、足元がくりぬかれていない、はじめ狛犬タイプ。相当に古いものか、もしくはくりぬかなかったのかは不明。阿吽の位置が逆、前足が前後、台座が縦型と、仙台狛犬のお約束通りの狛犬。補修の仕方としては、やや強引な感もあるが、原型はしっかり確認できるので、新しい狛犬に入れ替えかえることなく、大切にされていることは喜ばしい限り。
閉める