狛犬大図鑑  
 分類 仙台狛犬  榴ヶ岡天満宮 宮城県仙台市宮城野区榴岡23
 建立年 嘉永五年(1852)二月吉日  鎮座位置 拝殿入口の唐門前
 石工 辻本屋七郎兵衛  参拝日 2014年11月19日(水)
仙台駅東口から徒歩20分、単身赴任先からほど近い位置にあり、何度かお参りさせていただいています。昨年初めて参拝させていただいた時は、まだ拝殿は、東日本大震災による損壊の修復中でしたが、今年に入りようやく工事も終了し拝殿もお目見えしております。

拝殿前の朱色の唐門前に鎮座するのは、個性的な仙台狛犬。縦置きの台座、前足を前後させた仙台狛犬の特徴的な姿勢を持ちながら、その容姿は非常に特徴的。トレッドヘアのような顎髭、顔つきもどこか、異国情緒あり、特徴的な耳、そして全体のバランスもとれていて、仙台エリアの中でも屈指の名狛犬約160年前に奉納された狛犬とは思えない保存状態。今年の初詣もこちらの神社に参拝させていただいたのですが、並んでいる最中、狛犬を「今年もよろしく」となでなでしたら、周りの人にかなりギョッとした感じで見られてしまいました。。

阿吽の位置が左右逆なのは、奥州にはよく見られるパターン。ですが、阿吽共に角が生えているのは中々珍しい。色々な点において、企画外の狛犬である。
閉める