狛犬大図鑑  
 分類 分類不明  盛岡天満宮 岩手県盛岡市新庄町
 建立年 明治三十六年(1903)六月  鎮座位置 拝殿前
 石工 高畑源次郎  参拝日 2014年5月11日(日)
狛犬ファンならずとも、有名な狛犬。というのも、かの石川啄木が詩に詠んだ狛犬として、啄木ファンに愛され、お土産として南部鉄で模したグッズまで存在している。これはマイナーな狛犬では、とびぬけたスターぶりである。しかしながら、自分の中で噂が先行しており、多大なる期待をもって参拝してしまったため、思いのほかシンプルで素朴すぎるデザインに拍子抜けしてしまった。

しかしながら、そのシンプルさは当然のことであり、実は、この狛犬、高畑源次郎なる人物が病気平癒祈願が叶えられたお礼に、自ら彫り上げて奉納されたということで、石工ではない方が彫り上げた狛犬らしい。なるほど、技術的にみると、優れたものではなく、はじめ狛犬に近い素朴なデザインであるが、素人に近い方が彫り上げたのだとすると、すごいことである。

参拝ついでに、是非拝殿の獅子鼻もご覧いただければ幸いである。迫力ある狛犬の彫刻とともに、狛犬に負けない象の彫刻は見事。奉納された当時は、台座に乗っていなかったようであるが、今は啄木の詩が刻まれた台座に鎮座されている。シンプルな造りゆえに非常に丈夫そうで、まだまだ現役で活躍し続けるであろう。
閉める