狛犬大図鑑  
 分類 分類不能  神明宮 青森県青森市石江高間
新青森駅から徒歩5分程度

 建立年 大正十年(1921) 二月一日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2014年5月10日(土)
新青森駅にてレンタカー返却時、駅近くの神社をカーナビ上に発見し、急きょ立ち寄ったところ、狛犬を二対+獅子鼻、獅子のレリーフとお会いできた。この偶発的な出会いが狛犬散策の醍醐味である。

拝殿前には二対の狛犬が鎮座。四肢で立ち上がった珍しいタイプの狛犬。吽の耳は、残念ながら欠けているが、おそらく阿同様左右に飛び出した立派な耳がついていたのだろう。後ろから見ると尻を突き上げたようなポーズに見えるが、横から見ると前足と後ろ足の高さの違いはあまり感じられず、単にすくっと立ち上がったような姿勢となっている。尾は長く体に巻き垂れており、毛並みの表現力は今一つ。造形が優れているわけではないのだが、石工の持てる力を注ぎ込んだ頑張った感のある造りには、魂がこもっており、狛犬ファンとしては、好感度は高い。

簡素な拝殿ではあるが、獅子鼻、拝殿上方の狛犬の彫刻は見事な出来栄え。風雪でかなり傷んでいるのが、実に惜しい。


閉める