狛犬大図鑑  
 分類 備前焼狛犬  湊川神社 兵庫県神戸市中央区多聞通3-1-1
 建立年 不明  鎮座位置 参道途中
 石工 不明  参拝日 2014年9月12日(金)
神戸出張で宿泊したホテルの目の前にあった神社を早朝早々に参拝。楠木正成をまつる神社して神戸でも有名な神社であり、立派な随身門が迎えてくれた。中には、神殿狛犬も含め四対もの狛犬が鎮座しており、神戸に来て予想外の狛犬スポットを発見。

高めの台座の上に鎮座するは、備前焼狛犬。建立年は不明だが、これまで見た備前焼狛犬と比較しても江戸後期から明治期作あたりと推測。備前焼狛犬の特徴である独特の表情は、鎮座場所が関東であろうとも基本系にぶれがないことから、ある程度決まり事があるのであろう。身体に毛並みを表現した球状の文様もあり、尾はまるで炎が燃え上がるかのように美しくそそり立つ。

台座が高いゆえに、撮影が困難なのが難点だが、壊れやすい備前焼狛犬の保護という観点でいたずらのしにくい高さに鎮座させるのは、素晴らしい選択ともいえるだろう。阿吽ともに、鋭く大きな犬歯がチャームポイント、特に吽の口を閉じてなお目立つ犬歯が強さと可愛さを醸し出している。
閉める