狛犬大図鑑  
 分類 昭和岡崎型  魚河岸水神社 東京都千代田区外神田二丁目
JR御茶ノ水駅徒歩五分
 建立年 昭和二十一年(1946)九月  鎮座位置 摂社魚河岸水神社前に鎮座
 石工 不明  参拝日 2014年10月19日(日)
久々の日曜日の休日、かみさんと大学生の娘と共に、東京都内散策。当日は毎年この時期に開催される「べったら市」が日本橋で開催されており、おいしいべったら漬けを探しに行くついでに、お祭りまでのコースにさりげなく神社を組み込んでみました。当然家族には、バレバレでしたが、理解ある妻と娘で助かります。

神田明神に参拝された時は、是非本殿の後ろ側へ向かって一周してみてください。拝殿を見て左側には、二つの摂社があり、それぞれに狛犬が鎮座されております。

魚河岸水神社前には、戦後まもなく奉納された昭和岡崎型が鎮座。まだ国産の時代の為、石工のオリジナリティが残っている岡崎型となっており、表情の付け方も豊かでちょっと漫画チック。子狛犬のいかにも仕事で掘りました的な出来栄えは、岡崎でシステマチックに狛犬が製造されていたことをうかがわせる。出来栄えが良いかという言われると・・・だが、中国産の型にはまった岡崎型に比べたら、石工の個性が見えるだけ、格段に素晴らしい狛犬といえる。
閉める