狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ  椙森神社 東京都中央区日本橋掘留町1-10-2
 総武本線小伝馬町町駅から徒歩5分
 建立年 昭和8年(1933)1月  鎮座位置 境内
 石工  不明  参拝日 2014年10月19日(日)
久々の日曜日の休日、かみさんと大学生の娘と共に、東京都内散策。当日は毎年この時期に開催される「べったら市」が日本橋で開催されており、おいしいべったら漬けを探しに行くついでに、お祭りまでのコースにさりげなく神社を組み込んでみました。当然家族には、バレバレでしたが、理解ある妻と娘で助かります。

昭和生まれの江戸流れ。特徴である台座にかかる尾の毛は、表側のみ台座に掘りこまれているが、裏側は写真の通り、台座にはかかっておらず、狛犬自体も随所で、作りこみの甘さが見える。背骨の骨も背中に表現されているのだが、首回りが短すぎて、背骨の位置が不自然な感じもする。吽の玉も、どことなく歪んで楕円形になっていたり、突っ込みどころ満載だが、全体的にはずんぐりした感じが可愛らしい狛犬である。

椙森(すぎのもり)と読むこちらの神社の前では、今日から開催されるべったら市が始まってました。何件か味見させてもらいましたが、微妙に甘さや大根の味が違っていて、好みの味を探して回るのが楽しかったですね。
結局椙森神社前で販売していた、やや甘めのべったら漬を買い、自宅でおいしく食べさせていただきました。大根一本で1000円相場でしたが、高いのか、安いのかは、この際問わないでおきましょう。
閉める