狛犬大図鑑  
 分類 江戸尾立ち  松嶋神社 東京都中央区日本橋人形町2-15-2
    都営新宿線 浜町駅から徒歩5分
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿屋内に鎮座
 石工  不明  参拝日 2014年10月19日(日)
久々の日曜日の休日、かみさんと大学生の娘と共に、東京都内散策。当日は毎年この時期に開催される「べったら市」が日本橋で開催されており、おいしいべったら漬けを探しに行くついでに、お祭りまでのコースにさりげなく神社を組み込んでみました。当然家族には、バレバレでしたが、理解ある妻と娘で助かります。

松嶋神社は、ビルの一角にすっぽりと収まった小さな神社。一見すると狛犬不在に見えますが、参拝時、拝殿内をのぞいてみると立派な江戸尾立ちが鎮座しておりました。

これでもか、とそびえ立つ、吽の角と、もはや帽子のごとき大きさの阿の宝珠。美しい巻き毛、堂々とした体躯、美しく均整のの取れた見事な狛犬。角と宝珠がてかてかしているのは、参拝者に撫でられたのか。恐らく江戸中期のころの作品と思われるが、屋内での保管で大切に扱われており、末永く元気な姿で日本橋を守っていってほしいものである。

こちらの神社にはもう一つ見どころというか、狛犬ファンにとって重要ポイントがあります。
実は、社務所の中に、「狛犬の根付」が400円で頒布されているのです。赤・白・金色の三色の珍しい鎮座した狛犬をかたどった鈴の根付け。当然ながら、全色を購入(すべて保存用)+狛犬撮影用のカメラバッグに一つ白を別途購入しました。今も狛犬散策時、ちりんちりんと、狛犬散歩を応援してくれています。
閉める