狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬 大國魂神社 東京都府中本町宮町3-1
 建立年 不明  鎮座位置 摂社 住吉神社 大鷲神社
 石工 不明  参拝日 2012年12月17日(月)
2016年01月15日(木)
武蔵国総社にして、都内有数の狛犬鎮座数を誇る、狛犬マニアの聖地ともいえる神社。
境内には、新旧様々な石造狛犬が9体鎮座(内3対は定型的な岡崎型狛犬ではあるが・・・)更に宝物殿には、国の自由用指定文化財の狛犬が鎮座しているのだが、仕事柄参拝が平日の日になってしまう為、土日しか空いてない宝物殿に入ること叶わず、いまだお目にかかれていない。更に更に、拝殿の外柵から、よくよく拝殿の中をのぞいてみると、木陰からちらりと本殿前に鎮座する狛犬の顔が見えるのです。要するに、この大國魂神社には、11対もの狛犬が鎮座していることになり、一対ごとに狛犬を愛でているだけで、平気で二時間は経過してしまう、狛犬テーマパークなのである。

摂社住吉神社・大鷲神社に鎮座しているのは、中国獅子風の蹲踞狛犬。上目使いの視線が、実に可愛らしく、まるで甘えているようにも見えるが、顔をアップに撮影してみると、まるで「ドヤ顔」的な得意げな顔に見えてくる。首周りのネックレス風の装飾は中国獅子によく見られるものであり、もしかしたら中国で造られた狛犬なのかもしれないが、岡崎型を模倣した粗悪品の日本風中国狛犬に比べると、中国獅子風のこの狛犬は何とも愛らしい。