自狛漫宝物殿 目録
1.骨董品にて手に入れてしまった 木彫り狛犬
2.手のひらに厳島神社の大鳥居が! nano block 厳島神社大鳥居
3.電気とアニメの街 秋葉原に鎮座する 柳森稲荷神社の タヌキの土鈴
4.高麗神社にて領布された簡易神棚 単身赴任先
5.赤坂氷川神社 狛犬絵馬
6.埼玉のご当地アニメ「らき☆すた」巫女フィギュア
7.高麗神社×長澤酒造コラボ「神社(ジンジャー)エール」
8.狛犬好きのバイブル たくきつよし先生著 「狛犬かがみ」
9.東京都芝大神宮のシークレットアイテム。白磁の狛犬


1.骨董品にて手に入れてしまった 木彫り狛犬
一時の気の迷いというか、こんなところで誰かの手に渡って不遇な目に会うぐらいならは、私が助けてあげなくては的な気持ちになって、つい購入してしまった木彫りの狛犬。
恐らくは神社に拝殿の柱に鎮座していたものであり、建て直しや改築の折に、骨董品として泣かれて、人から人へと渡ってきたものと思われる。かなり硬い木で彫られており、見た目以上の重量感。
当然、長い年月雨風にさらされてきた為、虫食いの跡があり、特に花の部分はかなり欠けているが、全体的にはそれほどの傷みは無い。
下から見られることを意識して彫られたのか、蹄の裏の肉球まで彫り込まれており、非常に丁寧な彫り。
質感というか、圧倒的存在感すぎて、自宅にあることにものすごい違和感を感じる。
かなりとんでもないものを手に入れてしまったという気持ちが強く、家族からもかなり顰蹙を買ってしまったのだが、手に入れてしまったものは仕方がない。ということで、大切に保管してあげたい。



2.手のひらに厳島神社の大鳥居が! nano block 厳島神社大鳥居
あまり手先が器用なほうではないのですが、約50分で滞りなく組み立て完了。
アマゾンの写真で見たときには、あまり期待していなかったのですが、細かいブロックを組重ねる内に、少しずつ大鳥居が完成していく高揚感は、作ってみないと分からなかった。
くみあげた大鳥居は、圧倒的存在感があり、自分で作り上げた満足度もプラモデル並みに高い。
いまだ見ぬ本物の厳島神社に想いを馳せさせられる秀逸なブロック。



3.電気とアニメの街 秋葉原に鎮座する 柳森稲荷神社の タヌキの土鈴


岩本町駅から徒歩五分。神田川のほとりに鎮座する柳森稲荷神社。

その横にある宝生堂というお店で販売していますので、是非行ってみてください
秋葉原電気街(今やアニメ街か)に流れる神田川のほとりにある、柳森稲荷神社にて知る人ぞ知るタヌキのお守り。手作り感あふれる小さな親子タヌキがかなり愛らしい。
願望を叶えたい時は、供物を供え(甘いものを好むとのこと)祈願した後、大きい方は家に祀り、小さい方を懐中にして行くと、福徳を授かると言われている。
私も、ここぞという時に、使いたい。



4.高麗神社にて領布された簡易神棚 単身赴任先
たまに自宅の庭に小さな社がある風景を見かけますが、すごく憧れます。しかしながら、我が家の庭は2坪ぐらい。ましてや単身赴任先のアパート住まいの身では夢のまた夢。
ですので、単身赴任先に簡易的な神棚を作ってみました。
メインの神棚は、2012年末、埼玉県高麗神社参拝の折、天照皇大神様のお札を求めた所、先着順に神棚を領布していただきました。
ロードバイクで参拝していたので、無理やりリュックに詰めて帰宅。
とりあえず榊立だけホームセンターで購入。写真の榊は、新宿花園神社参拝時に領布していただいたものです。本当ならば、お供え一式配置しなければならないのですが、今はお米とお水だけ。
お水は毎朝交換し、参拝してから会社に行っています。写真の榊は新宿花園神社にて領布いただいたものです。普段はスーパーで購入しています。



5.赤坂氷川神社 狛犬絵馬
赤坂氷川神社にてお求めください




狛犬ファンなら、一度ならず、二度三度と訪れたくなる、絶品狛犬揃いの赤坂氷川神社には
絵馬でも楽しませてくれます。
氷川神社にある「獅子額絵の屏風」に描かれた狛犬は、昭和29年11月に都重要文化財に指定されたもの。
自宅でも狛犬を愛でたい方、お願い事を叶えたい方は、是非氷川神社にてお求めください。



6.埼玉のご当地アニメ「らき☆すた」巫女フィギュア
近所の

ゲームショップにて購入

恐らくはコンビニで販売していたくじの景品。探せば中古で見つかるはずです





息子と単身赴任先近所のゲームショップに行ったときに、中古のがちゃがちゃフィギュアコーナーにて発見し、衝動買い。アニメは未見だが、いま話題のご当地アニメでの町おこしのさきがけとなった、「らき☆すた」のフィギュア。こちらのアニメの舞台は、埼玉県鷲宮神社。以前訪ねた時は、絵馬がこのアニメの手書きで作られた絵馬で埋め尽くされていたのに圧巻された記憶あり。ブロックの厳島神社と意外とマッチしている気がする。



7.高麗神社×長澤酒造コラボ「神社(ジンジャー)エール」
長澤酒造にて

販売中

高麗神社から

2キロ先


埼玉県日高市

北平沢335



大きな地図で見る


先日、高校生の娘との会話中、ジュース何飲む的な話の中で「パパは神社が好きだからジンジャーエール!」なんてギャグをかましてしまい、空気を凍らせたばかりだったのですが、その後埼玉県日高市に鎮座する高麗神社に参拝の際、境内の掲示板に「ここから2キロ先、長澤酒店にて≪神社エール≫発売中」のポスター発見。即自転車で向かい、日本購入しました。
神社エールとは、「ジンジャーエール」の洒落でもあり、「神社にエールを贈る」という応援でもあり、かなり良いもじりだと思います。長澤酒店も神社を応援したくて神社エールを作られたとのこと。お近くにお越しの際は、是非長澤酒店にお立ちよりください。



8.狛犬好きのバイブル たくきつよし先生著 「狛犬かがみ」
狛犬に興味を持ったものの、当然自分の知人友人からは、「なぜ狛犬?」という特異な目線をぶつけられ、孤独にさいなまれた末に、ネットにて狛犬好きを探したならば、必ず行きあたるのが、狛犬界の大御所 たくきつよし先生のサイト「狛犬ネット」
そして、狛犬好きのバイブルとなるであろう先生の名著がこの「狛犬かがみ」である。
狛犬に対する造詣の深さに感服すると共に、掲載されている狛犬の写真がどれも素晴らしい。
見ているだけで、狛犬好きならば会いに行きたくなること、必定。
狛犬にさしたる興味のなかった我が家の子供たちでさえ、夢中で読んでいました。
特に熱く紹介されている福島の名狛犬たち。私の次の旅先は、福島県でほぼ決まりました。



9.東京都芝大神宮のシークレットアイテム。白磁の狛犬
東京タワー傍にある 東京十社に数えられる芝大神宮に参拝時
江戸尾立ちをいつも通り、カメラで撮影していたら、阿の足元に白い妙な置物があることに気が付きました。
それは、鎮座している狛犬を模した白磁の狛犬。常日頃より狛犬グッズを探している私の心臓は、一気に高まり、きっと社務所にて販売しているのだろうと、端から端まで見てみたのですが、そのような表示は全く見えず。頼んでいた御朱印を受け取る時、「あそこに置いてある白磁の狛犬って扱っていますか」と聞いてみたところ、社務所の奥から、箱に入った狛犬を持ってきていただきました。
値段2500円とややお高いですが、少数製造の白磁と考えれば、むしろ安い気もして、即購入。
現在は、単身赴任先の神棚に鎮座しております。

社務所に声をかけないと出てこない、まさにレストランの裏メニューのような扱い。ご購入希望の方は、是非お早めに芝大神宮にお越しください(購入は2013年10月31日)