狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ   八幡神社 神奈川県横浜市北区綱島東2-10 
 建立年 天保12年(1841)辛丑7月
 鎮座位置  拝殿前
 石工  飯島吉六  参拝日 2014年6月18日(水)
鶴見区を中心に、素晴らしい狛犬を彫り上げた名工 飯島吉六。周辺にある独特の背を丸めた吉六の狛犬の中で、最も古い年代の物であり、ここから末吉神社、諏訪神社の狛犬に進化していった過程がうかがえ興味深い。

石工の名は、「飯島吉六」となっているが、おそらく私見では、左右の作者は違うのではないかと感じざるを得ない。左右の狛犬はデザインは似ているものの、毛並み、足のつめ先の表現、表情の完成度などで、完全に左側の「阿」の技術が抜きんでている。納期的に、飯島吉六一人で掘ることができず、阿吽のうち「吽」の側は弟子に掘らせたのではないか。もしくは、弟子に修行のため、片方の狛犬を任せたのか?この辺りを勝手気ままに想像するのも、狛犬ファンの特権であろう。

独特の背を丸めた異形の姿。顎を突き出した異質の顔立ち。完成度は決して高くはないが、その後、吉六が生み出す傑作狛犬のプロトタイプして、非常に興味深い作品である。
閉める